加藤クリニック麻布
Top page Mail to Access 院長紹介 診療メニュー
tel
 

 

Q&A
脂肪吸引の知識
手術までの流れ
知っておきたい術後の注意点
脂肪吸引体験記
Q&A
料金案内
メール相談
カウンセリング予約
インフォームドコンセント
サイトポリシー

結果保証制度
交通費負担サービス

Part1・Part2Part3  

脂肪吸引でどのくらい細くなれますか?
術後の差は、除去可能な脂肪の量に比例します。つまり、吸引できる脂肪の量の多い方ほど、大きな変化が期待できるわけです。しかし、できるだけたくさんの脂肪を取ってしまえばいい、というわけではなく、その人に合わせたボディラインを作ることが大切です。また、脂肪吸引では、入院の必要はありません。
下腹部の脂肪吸引を考えているのですが、後遺症が心配です。脂肪吸引によって、内臓が傷つけられるようなことはないのでしょうか。また、子宮や卵巣などに悪影響がおよぶことはありませんか?
脂肪吸引の際、内臓に傷がつくようなことは、常識的にはまず考えられません。中でも腹膜は、先端の尖った腹腔鏡という器具を使い、力を込めて刺してやっと穴が開くくらい丈夫なものなので、先の丸いカニューレ(吸引棒)が突き抜けるということは考えにくいことです。
脂肪をとった後、たるみが出たりしませんか。またボコボコになったりしませんか?
たるみは出ません。逆に引き締め効果が高くなるといえます。医師の判断によるタイプ別に合ったカニューレを使用するため、ボコボコになることもまずありません。ただし高齢により皮膚の収縮が悪くなっている状態であれば、吸引後に皮膚の切除を併用することになるかもしれません。
どのような部位の希望が多いですか?
女性は若い方だと足の太ももやふくらはぎ部分が多く、年齢が高くなると、腹部・上腹部からウェストライン、次にお尻周りを希望される方が多いようです。
顔やせはできますか?
顎のラインを少しすっきりさせたいという方には、頬から顎にかけての脂肪吸引が可能です。切開は、ほんの2mm程度で傷跡はもちろん残らず、気になる腫れも少しむくむ程度でほとんど気になりません。

Part1・Part2Part3